玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

ビューティー

 

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるのか?

ズバリ、答えは

玄米でケイ素を補うことはできます!

健康や美容に気を使う方は、主食に玄米や雑穀米などを食べている方もいますよね。

雑穀米や玄米を食べている方は、それだけでケイ素(シリカ)をとっていることになりますよ。

実は穀類には、ケイ素(シリカ)が多く含まれているんですよ。

ケイ素(シリカ)はミネラルの仲間ですが、最近では、海外セレブや芸能人などが、美容と健康に効果があるということで、メディアでも取り上げられて、とても話題となっている成分なんです。

その話題のケイ素(シリカ)ですが、多くは胚芽の部分にあります。

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

米や小麦を精米や精白すると、胚芽がヌカとして削り取られ、ケイ素が含まれている胚芽の部分が無くなって、含有量が激減してしまいます。

私たちは、大事な栄養が詰まっている「胚芽」の部分をわざわざ、取り除いて食べていたんですね。

本当にもったいないです。

ケイ素(シリカ・珪素)は一日にどれぐらい採ればいいの?

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

それでは、ケイ素(シリカ)は一日にどのぐらいとればいいのでしょうか?

通常は、大人が1日に消費するケイ素は10~40mgです。
ということは、最低1日およそ10~40mgのケイ素を摂取しないといけないことになります。

それに対し、日本人が摂取しているケイ素は、1日あたり10mg前後と予想されます。
野菜中心の和食をとっていても、最低10mgだとすると必要量ギリギリです。

ちなみに、肉食中心の欧米人の場合は、ケイ素の摂取量は1日あたり3.5mg程度に過ぎません。ハンバーグやステーキのような肉料理ばかり食べている人は、慢性的なケイ素不足になっていると考えられるので注意が必要です。

食品の中では、玄米を主食として食べている方が、効率よくケイ素を摂れていますね。それは普段から玄米を主食としているので習慣になっているからですね。
さらにケイ素を多く含む野菜などをおかずとして取り入れればバッチリです。

100gの玄米に含まれるケイ素は、約5mgなので玄米を主食にしていれば1日に必要な最低限のケイ素はとることができます。玄米の一合は約150gになるので、一日に一合の玄米を食べると約7.5mgのケイ素を摂っていることになりますね。

一日のうちで朝昼晩と三食を玄米にすれば、なんとか最低限の10mg以上になりますよね。

玄米でケイ素が取れることはわかっても、頑張ってもギリギリだとするとサプリなどで補うのも一つの方法かもしれませんね。

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

白米の場合は、100gの白米に含まれるケイ素は、約0.5mgと少なくなります
白米の一合も約150gなので白米だと、ケイ素は0.75mgになります。

つまり、白米を常食としている人は、主食だけではケイ素を十分にとることができないということになりますね。
そのため、白米を主食にしている人や、肌や髪、爪が健康ではない人、アトピー性皮膚炎などの皮膚病や、動脈硬化、骨粗しょう症(骨がスカスカにもろくなる病気)などになっている人は、ケイ素が足りなくなっている可能性があります。
そのため、最低限の10mgよりも多めにケイ素を摂る必要があります。

そんな方は、水を飲むだけでケイ素が自然に取れるシリカ水がおすすめです。

 



 

ケイ素(シリカ・珪素)を多く含む食べ物

ケイ素(シリカ)を含んでいる食材はたくさんありますよ。

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

・玄米、全粒小麦、とうもろこし、大豆、じゃがいも、ごぼう(皮付き)、パセリ、アスパラガス、ほうれん草、人参、わかめ、昆布、青のり、などです。

摂取量が気になる人は、白米よりも玄米(あるいは発芽玄米)白いパンよりも、全粒粉パンを食べたり、野菜や豆類、海藻類を偏りなくとるよう心がけることが大切です

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

ケイ素(シリカ)にとらわれずとも、そもそもが栄養価の高い玄米を、昔から日本人は主食としてきたのは、本当に素晴らしいことですよね。

玄米でケイ素(シリカ・珪素)を補えるって本当?

 

これからは美と健康のために、手軽にケイ素(シリカ)を取り入れたいものです。

玄米が苦手な方や、なかなか忙しくて・・という方はケイ素(シリカ)を手軽に摂取できる、ケイ素(シリカ)水などがあります。

健康維持に欠かすことのできないケイ素。

必要なケイ素を補って、毎日若々しく過ごしたいですね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました