睡眠ホルモン、メラトニンとは

老化防止にもなる、気持ちよく眠ることの重要性を調べてみました。
朝起きてボーとしたまま仕事へ行くなんてこと、あなたは経験ないですか?

良い睡眠を司るメラトニンってなに?

・メラトニンとは

メラトニンは、脳内で分泌されるホルモンです。原料は納豆など大豆製品に多く含まれる、必須アミノ酸のトリプトファンから神経伝達物質のセロトニンがつくられ、セロトニンからつくられる脳内物質です。つまり、食品としてとったアミノ酸はセロトニンになり、さらにメラトニンになるのです。

メラトニンは、日の光や照明と強く関係する物質でもあります。皮膚に作用すると色素のメラニンが細胞核の周りに集まって、皮膚を黒くすることからメラトニンと名付けられたとされています。

・メラトニンのはたらき

「よく眠れる」「質のいい眠りになる」という睡眠のメカニズムと深く関わっているのは、メラトニンです。
人間の体内には時計遺伝子や体内時計というものがあり、生活と睡眠を、まさに時計のようにコントロールしています。その体内時計のタイミングに重要な役割をしているのが、自然の太陽の光と脳内のメラトニンというホルモンなのです。


朝、目が覚めて太陽の光が目に入ると、脳の光の刺激が伝わり、メラトニンの体内分泌を止めて、体は活動モードになります。この時、時計遺伝子にスイッチが入って体内時計をリセットし、夜になるとまたメラトニンを増やして眠りを誘うのです。メラトニンが増えると体温が下がります。人は体温が下がると、眠くなるのです。

メラトニンの分泌は、真夜中にピークを迎え、朝方になるにつれ、次第に減っていき、かわりに体の活動を誘うコルチゾールというホルモンが増えてきます。そうすると、目が覚めるのです。
メラトニンが介在して行われるこの生活リズムは、サーカディアンリズム(概日リズム)と呼ばれます。この働きがうまくいき、メラトニンが体内で十分に分泌されていれば、睡眠リズムが作られ、いい眠りが作られるのです。

・メラトニンは抗酸化物質でもある

メラトニンは体の酸化から身体を守る抗酸化作用が強く、体内の活性酸素を除去し、免疫力を高める作用もあります。
細胞の酸化によって、すべての老化現象はおこります。肌のシミ、シワ、たるみは、皮膚の老化現象です。脳卒中などの原因である動脈硬化は、血管の老化現象です。メラトニンは、睡眠リズムを整えるとともに、抗酸化作用で、全身を老化から守ってくれているのです。
気持ちよく眠って、すっきりした気持ちで起きる朝は、肌の調子や気分も良いと感じるものですが、それもメラトニンが十分に分泌されているからなのです。

・メラトニンが減少する理由

夜中も仕事や勉強をして昼と同じ刺激を脳に受け続ける事になると、メラトニンの分泌がうまくいかなくなります。これは、不規則な生活やストレスが続くことにより、体内のメラトニンが劣化して、正常な働きができなくなってしまうことにもつながります。
また、カーテンを閉め切った暗い部屋で昼頃まで寝ている生活も、光の刺激が入ってこず、メラトニンが分泌されずに、時計遺伝子がうまく働かなくなり、時差ボケのような状態になってしまいます。
さらに、年齢が高くなるにつれて体の老化が進行すると、やはり、メラニンの分泌量は減っていきます。ちょうど50歳ぐらいで、メラトニンの分泌は20代の半分ほどになってしまうとも言われています。

・メラトニンの分泌を促すには

メラトニンは、アミノ酸のトリプトファンからセロトニンがつくられ、セロトニンからつくられる脳内物質です。そこで、アミノ酸を生理活性の高い状態で十分に取り入れることによって、メラトニンの分泌を促す方法です。

・生理活性とは

生理活性とは、簡単にいえば「生物の生理活動を活性化するはたらき」です。
アミノ酸はたんぱく質からできるもので、体内では、筋肉、内臓、血液、骨格、皮膚などの組織や酵素、ホルモン、免疫抗体の生理機能を維持、調節するはたらきをさらに活発にする工夫がされているものです。

・メラトニンをサポートする生理活性アミノ酸とは

「生理活性アミノ酸」とは、さまざまなアミノ酸を中心に、特に「睡眠」に関して生理活性の高い成分がバランスよく構成されたものです。

【生理活性アミノ酸を作っている物質】
・グリシン
・ナイアシン
・冬虫夏草
・コンドロイチン
・コラーゲン(フィッシュコラーゲン)
・ヒアルロン酸
・大豆イソフラボン
・サフラン
・ざくろエキス
・オリゴ糖
・グルタチオン高含有酵母グルカン
・亜鉛酵母グルカン
・シトルリン
・ペプチド

などをバランスよく取り入れることで、体内でセロトニンとメラトニンを増やし、睡眠リズムを整えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする