肌を保湿するには

「保湿」のイメージは水分で潤ったみずみずしい素肌を思い浮かべると思います。実は水分をたくさん与えることではないんです。ここでは、本当に正しい「保湿ケア」について調べてみました。

・保湿とは

「保湿」とは、肌を乾燥から守る大切なエイジングケアですね。肌が乾燥するとツヤや透明感がなくなったり、バリア機能が低下して肌荒れや老化の原因にもなります。
よく聞かれるのが「保湿ケアを色々試したけど全然よくならなかった・・。」などという話です。これは、自分では頑張って保湿をしているつもりでも、じつは「保湿」の意味を勘違いしてしまっている人なのです。

保湿といえば「化粧水」をつけて肌の水分を上げることを想像しますが、化粧水の大部分は「水」で、肌に水を与えても結局は蒸発してしまうので、保湿の役割を果たしているとはいえませんよね。

また、オイルや乳液などで水分が逃げないようフタをしてしまう方法もありますが、じつは油分は、水分保持力がさほど高くありません。たくさん塗っても、その隙間をぬって水分が蒸発してしまうのです。

健康な肌の人は角層に約20%の水分がありますが、これよりも水分が少ない状態になることを「乾燥肌」といいます。
空気中の湿度が下がってくると、角層から水分が蒸発しやすくなっていきます。そんなとき肌からの水分の蒸発を食い止めようと、つなぎとめているのが、水分を蓄える働きをするセラミドなどの保湿物質です。

本当に正しい保湿とは、これらの働きを補うセラミドなどの「保湿成分」を与えることです。それは体の外から水分を与えるのではなく、からだの内側でつくられる水分を肌の中で保てるように助けることなのです。

・あなたの保湿ケアは大丈夫ですか?

《化粧水をたっぷりとつける》⇒間違っています×
・化粧水の大部分が水なので、すぐに蒸発してしまい、保湿としての効果は高くありません。何度も化粧水をつけるとかえって逆に乾燥してしまうことも。

《化粧水をシートマスクで肌に浸透させる》⇒間違っています×
・シートマスクなどを使って、化粧水をじっくり浸透させても、結局は水分なので時間が経つと蒸発してしまいます。

《乳液やクリームでフタ》⇒間違っています×
・水分が逃げないように乳液やクリームで油分のフタをしても、油分の水分保持力はさほど高くないため、水分は蒸発します。

【水分を蓄える働きをする保湿成分を与える】⇒正しいケアです◎
・肌にはみずから、保湿物質をつくり出し、角層に水分を蓄えておく力があります。その働きを補う「保湿成分」を補うことが、乾燥肌を克服する最大のカギとなります。保湿成分は代表的なものでセラミドやヒアルロン酸などがあり、化粧水よりは、美容液やクリームに配合されていることが多いです。中でも水分を強力にはさみ込む性質を持つセラミドは最強の保湿成分と言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする