保湿成分セラミドとは

エイジングケアで必ず紹介したい成分はセラミドです。ここでは、最強の水分保持力といわれる保湿成分のセラミドについて詳しく調べてみました。

・セラミドとは

セラミドとは、肌のいちばん外側にある角層の細胞と細胞のすき間をぴったりと埋めてつなぎとめ、さらに水分を保っている「角質細胞間脂質」の一種です。セラミドを失うと、角層の水分量は80%も低下します。の水分を維持するために、もっとも貢献している保湿物質がセラミドなのです。

セラミドは角質細胞間脂質の約4割を占めます。セラミドは脂質なので水にとけませんが、水と結合して、水分をサンドイッチ状に強力に挟み込んで、ミルフィーユ状の層「ラメラ構造(層板構造)」をつくり、水分が蒸発しないように捕まえてしまいます。このラメラ構造で、挟み込まれた水分は、湿度が0%になっても、蒸発することはなく、氷点下20℃のなっても凍りません。そのため、保湿物質の中では最強といわれます。
このセラミドがあるからこそ、人間は砂漠に行っても干物にならないし、南極に行っても凍らないのです。
さらに、外からの刺激や細菌の進入を防ぐ、バリア機能の役割もあります。

・セラミドは増やせるのか?

肌のうるおいを守る働きをするセラミドはターンオーバーとともに、表皮細胞でつくられますが、老化で代謝が悪くなると、つくられる量が減少します。

そうなると、角層の水分量も同時に減ってしまいます。歳を重ねるとともに、肌のバリア機能は低下し、肌が乾燥し、カサついたり、肌荒れが生じやすくなるのはこのためです。

ちなみに、角層に含まれるセラミドの量がいちばん多いのは赤ちゃん時代ですが、老化以外に、睡眠不足、ストレスなども、セラミド不足の原因になります。

セラミドはコレステロールのようなものからできていますが、コレステロールを食事からとっても、また、じかにセラミドを飲んでもセラミドはなかなか増やせません。老化で減っていくセラミドを体の中からつくり出すことは、とても困難なのです。

また、メイク落としや洗顔などで洗いすぎると、皮脂と一緒に、セラミドも洗い流されてしまいます。

そこで、簡単にセラミドを補えるように開発されたのが、セラミド配合の化粧品です。セラミドを体の中でつくり出すことは難しいですが、化粧品によってセラミドを補えば、肌の水分を確実に増やすことができ、効果的なのです。

その他にも水分をはさみ込むタイプの保湿成分は、
・スフィンゴ脂質(スフィンゴリビット)
↪セラミド以外の細胞間脂質で、保湿力はセラミドより弱い。

・水素添加大豆レシチン
↪大豆から抽出される成分。

・ステアリン酸コレステロール
↪セラミド以外の細胞間脂質で、保湿力はセラミドより弱い。  などがあります。

・うるおいをもたせる食べ物

肌に栄養を与えるのは、血液で運ばれる栄養素です。
血液から栄養をもらって肌は細胞分裂をし、その過程でセラミドなどのうるおい成分も生まれてくるのです。すべての栄養をバランスよく摂ることが大切ですが、東洋では特に
・ひじき、こんにゃく
・黒ゴマ、ごぼう、そば
・プルーン、黒豆
など、肌にうるおいをもたせるのは黒い食べ物とされています。また、しょうがなど、からだを温める食べ物もよいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする