肌のタイプと日焼け止めクリームの選び方と塗り方…メリット・デメリットとは?

【紫外線対策は肌タイプも考えて・・。】

現代はオゾン層破壊などの気球環境の変化もあります。海外では子供を紫外線から守るために、外で遊ぶときは、日焼け止め剤、サングラスや帽子などの着用が義務付けられているそうです。
日本では、そこまで過敏になることは無いと思います。
成長期の子供の場合は、極端に日光を避けると、ビタミンDの代謝に影響して、骨の発達が妨げられるおそれがあります。むやみやたらに紫外線を避けて、子供を窮屈にさせるより、適度な日焼け対策をしたうえで、のびのびと遊べるようにするべきです。

 

住んでいる環境や人種によって紫外線の量も異なります。特に白人は遺伝的に紫外線に対する防御力がとても弱い傾向にあります。
肌の色の違いによって、メラニン色素を作り出す能力はさまざまです。言い換えれば、肌の色を決めているのは、ほとんどメラニン色素の量になります。

 

熱帯に住んでいる黒人は、強烈な紫外線から肌を守るために、生れながらにメラニン色素を多く濃くして、紫外線を遮断する力が高いため、紫外線による皮膚がんはほとんど見ることはありません。

 

亜熱帯から湿帯に住む、私たちのような黄色人種は、紫外線が強い夏にメラノサイトが活発にはたらいてメラニン色素をたくさんつくり出し、日焼け(サンタン)します。紫外線に対して防御反応がはたらくので、やはり皮膚がんは、さほど多くありません。

 

寒帯にも居住範囲をもつ白人は、メラニン色素をつくり出す能力が低いため、日焼けという現象すらも起こしにくくなっています。白い肌の人に多い、日焼けすると肌が赤くなる、という現象は、メラニン色素が少ないので紫外線を防ぎきれず、細胞がやけどを起こしている状態です。紫外線の害を受けやすい肌なのです。

このように、紫外線に対する防御力は人種別、個人差があります。
そして、日本人の中でも肌の色は少しずつ異なるように、紫外線を防ぐ力は個人差があります。紫外線に対する、皮膚の反応から、日本人の肌は大きく分けてスキンタイプ1から3に分けるとことができます。スキンタイプによって、紫外線への抵抗力は異なるので、自分のスキンタイプを理解して、紫外線ケアをしてくださいね。

❶赤くなるだけで黒(褐色)にはならない人
↪メラニン色素の生成が弱いので、紫外線による肌のダメージをたくさん受けやすいタイプ。シミ、そばかすなど、肌トラブルのみならず、皮膚がんにもなりやすいので、十分な紫外線対策が必要。

❷赤くなるが、少し経つと褐色に変わる人
↪メラニン色素がある程度、皮膚を守ってくれている。スキンタイプ❶の人ほど、神経質になることはありませんが、紫外線対策を怠らないでください。

❸あまり赤くならず、すぐ褐色になりやすい人
↪メラニン色素が、しっかりと皮膚を守ってくれるので、大きなダメージはありません。しかし、紫外線による害は年齢を重ねるごとに蓄積していくので、ノーガードでは肌は守れません。対策は必要。

 

【日焼け止めクリームの正しい塗り方】

紫外線を防ぐために、欠かせないものといえば帽子や日傘、サングラス、日焼け止めクリーム(サンスクリーン)です。
その中でも、日焼け止めクリームはその機能をよく理解して、上手に使いこなすことが大切です。

 日焼け止め剤のパッケージに書いてある適量のクリームを手にとり、少しずつ指ですくって、頬、鼻、額、あごにのせる。日に当たりやすい部位、(頬、額など)は少し多めに。できるだけ小分けにそて塗った方が、塗りムラができにくく、塗り広げるときに肌の摩擦も防げる。あまりに薄く少しの量では、本来の紫外線カット効果がしっかり発揮されないので、気をつける。

  日焼け止めクリームをのせたところから、やさしく丁寧に周りに塗り広げていく。塗り残しなどがないように鏡を見て確認し、クリームがたりない時は、付け足して行う。

  もう一度クリームを手に取り、耳の前後、首、うなじなど、日に当たるところを塗っていく。シミの気になるところは、少しクリームを足して、重ね塗りをする。

  また、日焼け止めクリームの効果は、時間とともに弱くなっていく。洋服や、ハンカチなどでこすったり、汗などで流れてしまうと効果が落ちてしまうので、数時間ごとにこまめに塗りなおすのが、日焼けをしないための必須ポイントになる。

 

 

【紫外線吸収剤(ケミカル)と紫外線錯乱剤(ノンケミカル)どちらがいいの!?メリット、デメリットとは。】

日焼け止め剤の種類は、大きく分けると紫外線吸収剤(ケミカル)タイプと、紫外線錯乱剤(ノンケミカル)タイプがあります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する化学物質入っています。紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えることで、紫外線をカットする仕組みになります。

メリットは塗った時の使用感が、さらっとしていて良いことです。多くは、さらっとしている感触なので、塗り直しや、重ね塗りがしやすく、塗る面積が広い腕や脚などにも塗りやすいことが特徴です。
また、成分の組み合わせなどにより、高い紫外線防御効果が期待できるのは、紫外線吸収剤(ケミカル)の強みでもあります。

デメリットとしては、熱エネルギーに変える科学反応により、人によっては皮膚に軽い刺激反応を起こすことがある点ですが、実際にはほとんど問題にはなりません。

 

紫外線錯乱剤(ノンケミカル)は、金属を酸化させた粉状のものや粘土質の細かな粉が、紫外線を反射させて肌をガードします。

メリットは、紫外線吸収剤(ケミカル)タイプと比べると、肌への影響や刺激が少ないことです。

デメリットとしては、塗った時に肌が薄く白い膜を張ったようになり、白浮きしやすいことなどがあります。ただし、最近の化粧品は、微粒子化が進んでいるので、色などの点でも、肌になじむ良いものが増えています。

紫外線錯乱剤はあまり、高い紫外線防御効果を発揮できないと思われてきましたが、最近は特に高性能の紫外線錯乱剤(ノンケミカル)タイプも登場しています。

 

【日焼け止めクリームを塗るときに気をつけること】

日焼け止めクリームを塗るときに気をつけるべきことは、クレンジングです。
紫外線吸収剤(ケミカル)タイプは、紫外線錯乱剤(ノンケミカル)タイプに比べると、洗顔によって落ちやすいものが多く、肌への負担が少なくて済みます。


一方、ウォータープルーフを追加したものや紫外線錯乱剤(ノンケミカル)タイプのように肌へしっかりと付いて落ちにくいものは、落とすときにメイク落としと同じようにクレンジングが必要になります。

そのため、肌に負担がかかることもあり、普段あまり、メイクせず、日焼け止めクリームだけを使う方は。石鹸や洗顔料でも簡単に落とせるタイプを選んだ方が、お手入れしやすいかもしれません。

あとは、自分で使いやすいと感じるものがよいでしょう。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする