アンチエイジングは紫外線ケアが一番効果的。その理由とは?

・老化を防ぐには日焼けをしないことがもっとも効果のあるスキンケア

私たちが簡単にできて、もっとも効果的な肌の老化予防法は、なんといっても「紫外線ケア」です。じつに肌老化の7割は、日焼けが原因となる「光老化」です。逆に考えると、日焼けをしなければ、肌の悩みの7割は解決できるということですよね。

長年にわたり日焼けしてきた人と、そうでない人の肌は、歳をとるほどに歴然とした差が生じてきます。小麦色に日焼けした肌は、健康的でかっこよく見えるかもしれませんが、歳を重ねたときには、大きな差がついてしまいます。それほど、日焼けは肌に大きな負担を与えているのです。

紫外線が与える肌のダメージは、着実に蓄積され、長い年月ののちに、シミやシワとなって現れます。過度の日焼けや、長い時間日に当たっていることが多かった人の皮膚は、キメが粗く、ザラザラした感触になります。
日焼けによる老化は、皮膚の表面だけでなく、皮膚の奥深くまでも進行して、深いシワやたるみになっていきます。

一方で、日に当たることが少なく、ほとんど日焼けをすることがなかった人は、肌の色が白いだけでなくやわらかく、しっとりとした肌が保たれていて、比較的シワも少なく、すべすべしています。


もしも、肌が紫外線の害を受けなかったら、どの位、肌の老化は防げるのでしょうか。それは、私たちのからだでも確認することができます。
腕の内側や太ももの内側など、ほとんど外に露出していない部分の肌を見て比べてください。
きめ細かく、シミも目立たず、ハリのある肌ではないでしょうか。
日焼けをしている手の甲や顔の皮膚と比べて、みずみずしくキレイな肌をしているはずです。
老化を食い止める、確実な方法はありませんが、紫外線に関しては努力と工夫次第で、かなりカットすることができます。そのため、「紫外線ケア」を何より一番優先することが正しいスキンケアなのです。

・シミはなぜできるのでしょう?シミの正体とは!?

日焼けによってできてしまうシミは、美肌にとっては宿敵のように嫌がられていますが、実は肌の味方でもあるのです。
たくさんつくられたメラニン色素は、表皮細胞が角化していくにつれて、皮膚の表面へと移動し、最後は角質層に到達して垢となって剥がれ落ちていきます。これが、ターンオーバーという現象で、早ければ28日のサイクルで、ひと通り表皮細胞が入れ替わります。

こうして日焼けした肌は、やがて元の肌色にもどるはずなのですが、日焼けのダメージにより一部の細胞がコントロールを失い、メラニン色素が作られ続けることがあります。

これがシミの正体なのです。ターンオーバーが繰り返されても、メラノサイトのスイッチが入っているため、常にシミがある状態になるのです。
シミが常にある状態になっていることについては、様々な説があります。
「シミはシミなりに理由があって、表皮にとどまっている」という・・。これは、紫外線で皮膚細胞のDNAが傷ついてしまっている場合、シミがそこにとどまり続けることで、皮膚を更なる紫外線の刺激から守っているのではないか、という方です考え方です。

からだの営みにはすべて理由があると考えると、痛みやかゆみについても、ただ理由もなく、痛くなったり、かゆくなったりすることはなく、なんらかの異変やトラブルを教えてくれるシグナルだったりするのです。

シミも単なる老化現象、嫌われ者ではなく、からだを守る働きを立派にはたしているという可能性は、否定しがたいことだと思いませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする