コラーゲンとケイ素(シリカ)と細胞の関係から効果まで

肌や髪のトラブルを解消してくれるミネラル

「肌にシミやシワが増えた」「髪の毛がパサついてきた」といった、肌や髪のトラブルに悩む人も多いのではないでしょうか。

実はそんなに痛め付けられた肌や髪の健康を取り戻すのに、とても役立つ栄養素があるがあるんです。
それはミネラル(無機栄養素)の一種の「ケイ素」です。

ミネラルは食品や飲料水に広く含まれ、食品の塩分であるナトリウム、血液中の赤血球に含まれる鉄、骨を形作るカルシウムなどは、代表的なものですね。

「ケイ素」は聞き慣れないミネラルですが、未精製の穀物や野菜、海藻などに比較的多く含まれています。

そして人間の肌や髪、爪、血管、内臓などの各組織の形成に欠かせない極めて重要な成分です。

「ケイ素」はコラーゲンと細胞の結合を強める

ケイ素の大事な役割は、コラーゲン(硬たんぱく質成分)と細胞の結合を強固にすることにあります

コラーゲンは、皮膚や骨、軟骨、歯、腱、血管、内臓、筋肉など全身の組織の土台となる成分です。しかし、コラーゲンがいくら多くあっても、そこに細胞がしっかりとくっ付いて、組織を形成できなければ、各組織は十分な機能を発揮できません。

ケイ素は、このコラーゲンと細胞との結合を強める、いわば接着剤となっているのです。

例えば、肌においてコラーゲンと肌細胞の接着が強ければ、肌にハリが出てきて、たるみを解消しやすくなります。

血管であれば、血管の壁が丈夫になって弾力が保たれ、血流がスムーズに流されます。

また骨であれば、コラーゲンにカルシウムが接着しやすくなることで、丈夫な骨が作られます。

このように、ケイ素(シリカ)は、健康維持だけでなく、老化防止や美容にも効果が期待できるミネラルといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする