ケイ素(シリカ・珪素)で若返る?抗酸化力と免疫力

ケイ素の抗酸化力

ケイ素には健康増進に役立つ、良い働きがあります。
第一は、優れた抗酸化力(攻撃力の強い活性酸素の害を防ぐ力)を発揮して、血管の若さを保つ働きです。

体内で発生する活性酸素は、動脈硬化を進行させて、脳卒中や心臓病、認知症(ボケ)を招く原因になります。

ケイ素が十分に足りていれば、動脈硬化が抑えられるので、そうした病気の予防に役立ちます。
さらには、ケイ素には血管の内壁に溜まった余分なコレステロールを除去したり、傷ついた血管を修復したりする働きもあると言われています

ケイ素の免疫力

第二に、ケイ素には、免疫の一大拠点である、胸腺の細胞を活性化する作用があります。

胸腺は多くの免疫細胞が待機している基地のようなものです。
そのため、胸腺が活性化すれば、乱れていた免疫機能が正常化し、その働きが高まります。

したがって、ケイ素を補えば、がん細胞の過剰な増殖を抑えたり、感染症を防いだりするのにも有効と考えられています。

ケイ素の優れた健康効果については、欧米を中心に、世界中で研究が進められています。

特に医療先進国のドイツでは、50年以上も前からケイ素についての、研究が盛んに行われており、現在ではケイ素の様々なサプリメント(栄養補助食品)が、一般的に普及しているほどです。

このような理由から、ケイ素は若返りの奇跡のミネラルと言われる由縁です。

ケイ素は私たちの健康と、とても深く関わっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする