女性の抜け毛や薄毛の原因になる6つの要因ってなに?

女性の髪の老化や抜け毛、薄毛の原因は男性とは異なるメカニズムが働いています。

女性であっても年齢を重ねるに従い、退行期や休止期にある髪の毛の数は増えていくので、薄毛の原因にはなりますが、しかし、これ以外の様々な原因が重なって、髪の毛の老化や薄毛が進行することが断然多いのです。

女性の髪を老化させる原因が大きく分けると6つあります。
あなたも思い当たる事はあるのではないでしょうか?

【髪を老化させる6つの原因】

①ホルモンバランスの乱れ

更年期になると女性ホルモンなどが急激に減り、バランスが崩れます。

の毛が細くなるのは女性ホルモンが減少するためです。

②頭皮トラブル

自分の髪の毛に合わないヘアケア用品の使用などは、頭皮トラブルを招きます。

髪の毛が生える土壌となる頭皮に悪影響を及ぼします。

③過度なダイエット

極端な食事制限等によるダイエットをすると、髪の製造工場となる毛根部に必要な栄養や酸素が行き渡らないことで、老化や薄毛を進行させてしまいます。。

ミネラル成分の摂取不足も注意が必要です。

④加齢

加齢に伴い部屋サイクルの変化してきます。

成長期が短くなるのは、加齢による影響が大きいとされます。髪のハリやコシなど髪質も悪化してしまいます。

⑤ストレス

仕事や人間関係、生活の変化によるストレスも、ホルモンバランスや血流に悪影響を与え、老化や薄毛を進行させていまいます。

⑥良くない生活習慣

睡眠不足、偏った食事、運動不足、喫煙といった生活習慣が、血行不良を招きます。

髪質や頭皮環境の悪化につながり、髪の毛の老化の原因になってしまいます。

これら6つの要因が髪の毛のハリやコシをなくし、ボリュームのない髪の毛、つまり髪の老化や薄毛を作ってしまうのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする