髪の毛はどうやって生えてくる?

髪の毛は頭皮に対して斜めに生えています

それは雨などの水滴が表皮に直接当たらないようにし、急激な体温低下を防いでいるからです。

体温を一定に保たなければならない人間にとって、髪の毛は保温という、とても大切な役目もあるのです。

 見える髪の毛は死んだ細胞です。

毛管とは頭皮から出ている、髪の毛と呼ばれる部分です。

毛管はケラチンと呼ばれるタンパク質からできています。

頭皮の中に埋まっている部分が毛根で、髪の毛を作っているのはこの毛根部分で毛管はすでに死んでしまった細胞です。

f:id:aozora2222:20180524233418j:plain

毛乳頭で髪の毛がつくられています。

髪の毛の成長で大切なのが、毛根の1番下の部分にある毛球です。

髪の製造工場と言えるのが、くぼんだ部分である毛乳頭です。

ここには髪の毛の元となる毛母細胞があります。

毛母細胞が酸素や栄養素を取り込んで、細胞分裂を繰り返していくことで髪の毛が伸びていきます。

髪の毛は、健康な人で1日平均0.35ミリほど伸びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする