正しいブラッシングとは?【髪の毛のとかし方】

ブラッシング【髪をとかすこと】の役割とは?

ヘアスタイルを整えるだけがブラッシングの役目ではありません。

ブラッシング(髪をとかすこと)は、絡んでしまった髪をほぐして汚れや抜け毛を取り除いたり、髪全体に皮脂を行き渡らせる効果があります。

また、頭皮に適度な刺激を与えることで、マッサージ効果が期待できます。
ブラッシングはシャンプー前に行えば、ほこりや汚れを落とすことにもなり、シャンプーの洗浄効果もアップします。

ただし、ブラッシングで髪を無理に引っ張ると頭皮に負担をかけることになるので、注意しましょう。
美容室などでは、豚毛や猪毛のブラシを使っているところもあるようですが、自分用には頭皮を傷めない毛先の柔らかいものを選ぶようにします。

でも、ナイロン製のブラシは髪に静電気が起こって、髪を痛めることもあるので避けた方が良いでしょう。
また、ブラシに髪の毛が絡まったまま、ほこりがついたままでブラッシングをするのは、自分の髪の毛に雑菌を増やして不潔にしているようなものです。

お湯で洗うなどして、ほこりや髪の毛をこまめに取り除き、ブラシそのものを清潔に保つことが大切です。

正しいブラッシング方法

無理に引っ張らず毛先から丁寧にとかす

髪の根元から、ブラシを入れて強く引っ張ると、切れ毛になったり、毛根にダメージを与えてしまいます。

毛先から優しく丁寧に解きほぐしていき、徐々に根元へとブラッシングをします。

毛先が痛んでいるときは、少しずつ行います。

ロングの場合は、髪の毛を少しずつ取り分けてブラッシングをするといいです。

ブラシでとかす時はゆっくり頭のカーブに合わせて整えます

ブラシは頭皮に強くを押し付けないように、頭の丸みに合わせて下ろします。

ブラシは早く動かすと、キューティクルを傷つけたり、髪がもつれたりする原因になるので、時間がない時でも、ゆっくり動かすことが大切です。

>>この商品を詳しく見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする